ばい煙、ばい煙発生施設とは

大気汚染防止法で定められているばい煙とは?

1、燃料その他の物の燃焼に伴い発生する硫黄酸化物

2、燃料その他の物の燃焼又は熱源としての電気の使用に伴い発生する煤塵(ばいじん)

3、物の燃焼、合成、分解その他の処理(機械的処理を除く)に伴い発生する※1以下の物質 又はその他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずる恐れのある物質(下記※1の物質を除く) で政令で定めるもの※2
※1 カドミウム ・ 塩素  ・ 弗化水素(ふっかすいそ) ・ 

※2 政令で定める物質 (大気汚染防止法施行令 第一条第一項)
カドミニウム及びその化合物 ・ 塩素及び塩化水素  ・ 弗素、弗化水素及び弗化珪素

鉛及びその化合物 ・ 窒素酸化物



大気汚染防止法で定められているばい煙発生施設とは?

 工場又は事業場に設置される施設でばい煙を発生し、及び排出するもののうち、その施設から 排出されるばい煙が大気の汚染の原因となるもので政令で定めるもの。
(大気汚染防止法 第二条第二項より抜粋)



上記の大気汚染防止法、第二条第二項の政令で定める施設とは?

 大気汚染防止法施工令、第二条より「別表第1の中欄に掲げる施設であって、その規模がそれぞれ同表の右欄に該当するものとする。」 とあります。その中で主なものを一覧表にピックアップ致します。

※別表第1(令第2条関係 主なものを抜粋) ※重油換算については"こちらから"

別表第1の詳細

ボイラー(熱風ボイラーを含み、熱源として
電気または廃熱のみを、使用するものを除く)
(伝熱面積)  10㎡以上   又は
(燃焼能力)  重油換算 50 l/h
冷温水発生機 ボイラーに準拠
11 乾燥炉(14の項及び23の項に掲げるもの
を除く)(※1)
(火格子面積) 1㎡以上      又は
(燃焼能力)  重油換算 50 l/h 又は
(定格容量)  200KVA以上
13 廃棄物焼却炉 (火格子面積)    2㎡以上  又は
(焼却能力)     200 kg/h以上
29 ガスタービン (燃焼能力) 重油換算 50 l/h以上
30 ディーゼル機関
31 ガス機関 (燃焼能力) 重油換算 35 l/h以上
32 ガソリン機関

(※1) 14の項:銅、鉛又は亜鉛の精錬の用に供する倍燃炉、焼結炉(ペレット焼成炉を含
         む。)、転炉、溶解炉及び乾燥炉。

    23の項:トリポリ燐酸ナトリウムの製造(原料として燐鉱石を使用するものに限
         る。)の用に供する反応施設、乾燥炉及び焼成炉。


上記表に該当する施設がある場合 "ばい煙発生施設"になります。
尚、ばい煙発生施設には測定義務があります。測定義務については"こちらから"

※重油換算については"こちらから"


環境計量事業

作業環境測定

コンサルタント

お見積り・お問い合わせ

※無料相談、無料お見積りはこちら!お気軽にどうぞ!

事業登録

濃度計量証明事業登録
大阪府知事 第10207号
作業環境測定機関登録
大阪労働基準局長 第27-67号
労働安全コンサルタント登録
労働大臣 化-第85号
労働衛生コンサルタント登録
労働大臣 工-第124号