ばい煙測定

ばい煙発生施設には測定義務があり、法で決められた回数、測定方法で測定を行い、結果を保存しな
ければならないとされています。

(以下、大気汚染防止法施工規則第15条関係抜粋)

①測定回数等

項  目 摘  要 回  数
硫黄酸化物 硫黄酸化物量として10Nm3/h以上 2ヶ月を越えない期間毎に1回以上
ばいじん
(ダスト)
排ガス量4万Nm3/h以上 2ヶ月を越えない期間毎に1回以上
排ガス量4万Nm3/h未満 年2回以上 (※1)
有害物質 ばいじんの項と同じ ばいじんの項と同じ
窒素酸化物 ばいじんの項と同じ ばいじんの項と同じ

※1 ガス専焼ボイラー、ガスタービン及びガス機関に係るばいじんの自主測定頻度を 5年に1回以上
に緩和する改正措置が採られた。
(平成15年3月25日より 大気汚染防止法施工規則 第15条3項イより)



②記録の保存         3年間

※ばい煙、ばい煙発生施設については"こちらから"

※重油換算については"こちらから"

環境計量事業

作業環境測定

コンサルタント

お見積り・お問い合わせ

※無料相談、無料お見積りはこちら!お気軽にどうぞ!

事業登録

濃度計量証明事業登録
大阪府知事 第10207号
作業環境測定機関登録
大阪労働基準局長 第27-67号
労働安全コンサルタント登録
労働大臣 化-第85号
労働衛生コンサルタント登録
労働大臣 工-第124号